一般社団法人に関する相続税・贈与税の見直し

このエントリーをはてなブックマークに追加

同族関係者が理事の過半を占めている一般社団法人について、

その同族理事の1人が死亡した場合、

当該法人の財産(同族理事の数で等分)を対象に、

当該法人に相続税を課税。

 

平成30年4月1日以後の相続に適用。

 

ただし、既存法人については、

平成33年4月1日以後の相続に適用。
死亡前5年間に同族理事を退任した者が死亡した場合も含む。

個人から一般社団法人への贈与等について

一定の要件を満たせば贈与税等を課税する現行規定を明確化。

上記の見直しは、一般財団法人についても同様とする。